薬が減ったよ。

今日はフクちゃんの1ヶ月ぶりの通院日。

先生にくしゃみはかなり減ったこと、
吐き戻しは一度治まりかけたように見えたけど、
再び頻繁にゲロゲロやり始めてることを伝えた。

くしゃみに関しては完全に治まるのは無理だろうとのこと。
でもかなり減ったので、ここで一旦薬を止めてみる事に。
薬でかなりくしゃみが抑えられたのだろうから、
今度は薬を止めてみて、くしゃみが再び頻発しないか観察。
もしまたくしゃみが酷くなるようなら即受診。
とりあえず現状維持できればいいみたい。

吐き戻しに関して。
フェノバール(向精神薬)は引き続き与える。
そしてしばらくは病院からエサを出してもらうことに。
そのエサは脂肪分がほとんど入ってないダイエット用。
見てみるとカナリーシードが入ってなかった。
発情、吐き戻しが酷い時にダイエット用を与えるのもいいらしい。
これも粗食の一環なんだろう。

数日前、ほんの数時間だけフクちゃんが下痢をした。
前夜から翌日午後まではなんら変わらないキレイなウンコだったのに、
夕方突然の下痢。
本鳥は特に変わった様子もなく元気。
その日の夜には再びキレイなウンコで、
翌日も何も問題はなかった。

そのことを先生に話すと、
直前にボレー粉を食べたか、水を飲んだりしてかなったかと
聞かれたけど、よくわからなかったので、糞便検査をしてもらった。
結果、わずかに菌が見られた。
2ヶ月以上抗生剤を飲み続けているので、
そのせいで腸内細菌のバランスが崩れてしまってるのだろう。
菌がわずかに増えてるのはその影響も考えられる。
ただ現在のウンコの状態は悪くはないし、
とりあえず抗生剤(&抗真菌剤&消炎剤)は一旦中止になるので、
このまま経過観察してみることに。

継続して保温と換気に注意。
青菜はもうしばらくおあずけ。


フクちゃん、前回前々回の病院待合室では
とっても静かだったのに、今回は久しぶりにおしゃべり絶好調で
他の方々から失笑をかう。
移動の車の中でもずっとグズリが止まず。
呼び鳴きも再びするようになり、
放鳥時も落ち着きなくウロウロ。
発情のせいで一変してしまってたフクちゃんだけど、
本鳥もどことなく以前の感覚を取り戻してるのだろうか。
c0054148_1526398.jpg
ダイエット食も全く気にせずご飯にがっつくあまり怪奇現象を起こす。
[PR]
by ksigechu | 2006-12-09 20:30 | フクちゃん


愛するインコと優しいオットとつつましく生きてます。


by ksigechu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お願い。

申し訳ありませんが、
記事とは無関係なトラバ、
および気分を害するコメントは
断わりなく削除させていただきます。

カテゴリ

全体
フクちゃん
ごはん
パン
お菓子
緑たち
雑貨
健康づくり
雑記
プロフィール

以前の記事

2014年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
more...

ライフログ

最新のトラックバック

お口の裏切り
from 酔芙蓉に恋をして
一人遊び
from ハクちゃんマン
第一回 ちきちきインコの..
from Σ・) 日々の粟 トロイメント
お、お金が……
from コザクラとオカメの写真生活
澄ますこと?
from ハクちゃんマン

タグ

(166)
(49)
(29)
(26)
(12)
(12)
(8)
(5)
(4)
(4)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
動物・ペット

画像一覧