ご近所さんからの

数日前のこと。
お隣さんからいただきもの。
c0054148_1744646.jpg
   水仙と雪見草
c0054148_175486.jpg
   ラベンダーとローリエとユーカリ
c0054148_1751947.jpg
   かぶとからし菜

すべてお隣さんのお庭に生ってるもの。
夏にはブルーベリーとブラックベリーがたくさん実るそうで、
勝手に持ってっていいからね、と。
ちょうど我が家との境界に植わってるので
日々のチェックを欠かさずやろう。
[PR]
# by ksigechu | 2009-03-26 16:43 | 緑たち

今夜から強風だって。

愚痴、なんだけどね。

数日前の強風の日。
お隣さんとこから500mlの缶ビールの空き缶が転がってきた。
カランカランカランって1個。

しばらくは気づかない振りしてたんだけど、
お隣の奥さん結局気づかなくて
私が拾って我が家のゴミ箱に捨てたんだけど。
でもこの気持ち伝えたくて、
わざわざ縁側のコンクリートの上で
グシャグシャと大きな音をたてて潰した。
ま、こんなんじゃ気づくわけないか。
小心者なのでこれが精一杯。

お隣さんはゴミを入れたビニール袋を縁側にそのまま置いてるみたいなんだけど、
どうしてゴミ箱を設置しないんだろう?
せめてゴミが飛ばないように工夫するとかさ。

以前住んでたとこもお隣さんが似たような感じ。
ゴミの入ったビニール袋を収集日まで家の外に置いてた。
しかも5人家族だったから量も多い。
だから風の強い日にはウチによく転がってきた。
子どものビニールプールが転がってきたこともある。
それと子どもが食べたお菓子の袋とかね。
一度はカラスにゴミを荒らされてそれはそれは
すごいことになってたこともあったのに。
我が家の駐車場までゴミが散乱してたのに。
それでもゴミ箱を設置しなかったなぁ。

私は家の周りにごちゃごちゃと荷物とか置くのが好きではない。
できるだけスッキリしておきたい。
今我が家の周りに置いてるものって、
植木たちとコンテナ(灯油缶入れ)、
オットのバイク、ゴミ箱。

ゴミ屋敷なんてもちろん論外だけど、
ゴミをそのまま置いといて放火とか怖くないのかな?

自分が気をつけてる分、
お隣にそういう人がいて迷惑こうむるのって
本当にストレスが溜まるのです。
[PR]
# by ksigechu | 2009-03-13 17:05 | 雑記

そして今日もボクは元気です。

c0054148_17401322.jpg
                        とうっっっ!!!

石けん作りとか針仕事とかパンとかお菓子とか。
色々やりたいことはたくさんあるのに、
読書にばかり逃げてしまふ。
でも反省なんてしないさ。
[PR]
# by ksigechu | 2009-03-12 17:41 | フクちゃん

ボクの血。

前の日記のつづき。

この日は新しい病院での初めての血液検査もやった。
検査結果を聞いて驚いた。
肝臓(胆汁値)も腎臓(尿酸値)も全く問題ない数字。
標準の中でも標準な値。
前回の数値(以前の病院で測定)では「高い中でもかなり高い方」と言われていたのに。
先生から説明を受けながら結果表を見せられても
「ホント?これホントのホント???」ってびっくり。
私もオットも先生に質問する声がうわずってたよ。

以前の病院のカルテ情報はすべて新しい病院に提示されてる。
だから今の先生も過去の検査結果は全部把握してるので
ちょっと「はて?」って感じみたいだったけど、
測定機器の違いもあるかもとの意見。
まぁね、実際多飲多尿の症状は歴然と続いてるわけだし、
以前の先生も検査結果が良かったとしても
それはその時の血液の状態であって、
必ずしも機能が回復してるわけではないって言ってたし。
というか完治は難しいって言ってたからね。

今回はこんなステキな結果だったけど、
注射と投薬、時々血液検査は続けることに。
もしものもしも検査結果がずっと良好ならば投薬のみにして
定期検査としてたまに血液検査をするという形にしてみましょうと。
あぁ、そうなったら本当に嬉しい。
あまり大きな期待はしちゃいけないと思うけれど、
でもやっぱりこの結果は素直に喜んでおこう。
フクちゃん、お前はやっぱりすごいよ。

新しい病院では血液検査の時は
半日患者を預かるしくみになってる。
だからお迎えまでに5時間くらい時間を潰さないといけない。
病院から大宮まですぐ近くなので
大宮でウロウロ時間を潰す。
鉄道博物館があったので今度はそこに行ってみたい。

全然関係ないけど、
車に乗ってて
オットが右左折とバックをするのにハンドルをぐるぐる回すと
フクちゃん大興奮。
ぴゃんぴゃんすごいったらないよ。
あれ喜んでんのかな?
それとも直進のみしか許さないってことかな?
[PR]
# by ksigechu | 2009-03-11 10:38 | フクちゃん

ボクの背中。

先月末、フクちゃん病院へ行ってきた。
この日は休日のオットに車で連れてってもらう。

以前の病院では注射はいつも右羽根の下(脇?)。
通常は同じ箇所に注射をすると内出血とか皮膚が硬くなったりとか
よくないので、左、右と交互に注射をするらしいのだけれど、
フクちゃんは皮膚が強いらしくいつも右側にしてもらってた。
獣医師さんも「この子は皮膚が強いので助かる」と。
獣医師さんの利き手や握り方によって右がやりやすかったり
左がやりやすかったりそういう事情もあるみたいで。

「この子は皮膚が強い」
先生のこの言葉を聞いた時、それはそれは嬉しかった。
フクちゃんって病気ばかりしてるので
今まで肉体的に褒められたことがなく、
(ちょっとした芸ができるとかおしゃべりだとか
物怖じしないとかメンタル面では褒められたけど・・・)
フクちゃんにも「ここは丈夫!」ってとこあるんだ~って嬉しかった。

で、新しい病院でのこと。
前回右にしてるから、と
背中の羽根の付け根に注射をされた。
背中に注射なんて初めて。
今まで聞いたことのないフクちゃんの叫び。
先生曰く「羽根の下(脇)以外でも背中側の羽根の付け根や
脚(腿)の付け根なども皮膚にゆとりがあるので注射できるんですよ」と。
その時は「へぇ~~」と思いつつ、
フクちゃんの尋常じゃない叫び声が耳に残ったまま帰宅。
いつもだと注射後はヘコんでテンション低いのだけれど、
30分もすると元気に復活して遊びだす。
それが今回は1時間たっても3時間たっても大人しいまま。
ぴよりとも鳴かない。呼んでも反応なし。ご飯も少なめ。
翌日も元気がなく、大人しい。
放鳥するといつもだったらバババババ!と羽音を立てて
部屋を2、3周元気に飛び回るのに、
この時はパタパタパタと抜けたように力がなく飛距離も短い。
いつも暴れん坊将軍のフクちゃん。
夜中だってごそごそ動いて「なにしてんだ?」って謎の音たてたり、
ご飯をぽりぽり食べたりお水をごくごく飲んだりおしゃべりしたり。
生活音が鳴り止むことがなかった。
それがオットが思わず「生きてるか?」って夜中に覗くほど静か。
これって、いつもと違うとこに注射をしたのが原因?と思いつつ
とりあえず放鳥はひかえて、保温強化で様子見。
ご飯の量は、それまで発情吐き戻し中だったので通常の2~3倍は
食べていた。幸い大人しくても通常の量くらいは食べる。
3、4日もすると徐々に以前のテンションに戻り始めた。

背中に注射から1週間後再び通院。
このことを話したところ、先生も背中に注射が原因だろうと。
今までやったことなかったので驚いたのかもしれない。
先生と話をしてフクちゃんに関しては今後も羽根の下に
やってもらうことにした。

なんたってウチの子、皮膚だけは強いですから(笑)!
[PR]
# by ksigechu | 2009-03-10 16:49 | フクちゃん

肩こりが酷いのは歯医者のせいに決まってる。

c0054148_14474390.jpg
                    みかんに興奮!

今朝、カーテンを開けたらツグミが駐車場を横切ってった。
ツグミって写真でしか見たことなかったから感動!
地味だけどコミカルな感じでかわいかった。
[PR]
# by ksigechu | 2009-03-04 14:49 | フクちゃん

菜種梅雨。

c0054148_1542950.jpg

天気が悪くても寒くてもかわいいフクちゃん。
なんかきらきらしてる~。

最近、歯医者に通院しはじめたのだけど、
そこって治療する時、顔に口の部分だけを丸く切り抜いた布を掛けられる。
そういう歯医者って私初めてなんだけど、
見えないってコワイ。
次、何されるか分からなくてコワイ。
腕もあまりよくなくて失敗。
ウチから一番近くってだけで選んだのは失敗だった。
[PR]
# by ksigechu | 2009-02-25 15:11 | フクちゃん

順応性。

c0054148_18531986.jpg

引越しをして大きく環境が変わったのに、
フクちゃんはほとんど無反応。
以前の獣医師さんに
「この子は物怖じしない子だね」と言われていたけれど、
ただ鈍感なだけな気もする。
それでも台所や別の部屋に勢い余って飛んで行くと
戻ってこれずに「びゃーびゃー」助けを求めてくる。

飼い主は以前にも増して引きこもり。
図書館に行っては、本館にも関わらず蔵書が少なくてガッカリし、
パン屋さんや甘いもの屋さんもあまりなくてガッカリし、
散歩に出てもあまり人に出会わないのでガッカリし・・・。
駅から徒歩10分なのにとても静かなところです。
[PR]
# by ksigechu | 2009-02-05 14:07 | フクちゃん

えーんやこーら。

昨日の日曜日、新しいフクちゃん病院へ行ってきた。

以前の先生に相談したところ、
T木県内には小鳥専門の獣医師が居ないので、
埼玉県にある動物病院を紹介してもらった。
(ここでいう小鳥専門とは、疾患を見つけた際、
積極的に治療を試みるという意味での専門医のこと)

車で行くこと1時間30分・・・遠いよぅぅぅ。
でも新しい病院の先生もスタッフの方たちも
とても感じがよかった。
以前の先生がフクちゃんの病歴などを新しい通院先に
話してくれてたのでスムーズに。
遠方からの通院になることなど配慮してもらって、
「とにかく飼い主さんの無理のないように」と。
本当にありがたいありがたい。
治療方針も基本的には以前と同じ。
投薬と点滴注射と時々血液検査。

昨日は初めてだったのでオットと一緒に車で行ったけど、
次からはまたフクちゃんと二人で電車の旅。
今度は電車に乗ってる時間も長くおよそ1時間(1回乗り換えあり)。
以前は1回乗り換えありでも正味10分弱。
おまけに電車賃も往復360円だったのがこれからは2千円超に。
正直、この通院費がかなりイタイ。
月に数回通院となると、ね。
オットのお小遣いから捻出するか?
いやいや私の小遣いからか?

病院から駅までの道のりに桜並木があった。
桜、楽しみだね、フクちゃん。
[PR]
# by ksigechu | 2009-02-02 15:42 | フクちゃん

続、ねぇどっち?

c0054148_17332797.jpg
                   ボクとテレビとどっちが大事?
[PR]
# by ksigechu | 2009-01-28 17:33 | フクちゃん


愛するインコと優しいオットとつつましく生きてます。


by ksigechu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お願い。

申し訳ありませんが、
記事とは無関係なトラバ、
および気分を害するコメントは
断わりなく削除させていただきます。

カテゴリ

全体
フクちゃん
ごはん
パン
お菓子
緑たち
雑貨
健康づくり
雑記
プロフィール

以前の記事

2014年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
more...

ライフログ

最新のトラックバック

お口の裏切り
from 酔芙蓉に恋をして
一人遊び
from ハクちゃんマン
第一回 ちきちきインコの..
from Σ・) 日々の粟 トロイメント
お、お金が……
from コザクラとオカメの写真生活
澄ますこと?
from ハクちゃんマン

タグ

(166)
(49)
(29)
(26)
(12)
(12)
(8)
(5)
(4)
(4)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
動物・ペット

画像一覧